2017年2月19日日曜日

『カンバセーション〜盗聴』孤独と不安に破壊される男




第27回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品
『盗聴~カンバセーション』


監督/製作/脚本::フランシス・フォード・コッポラ
出演者:ジーン・ハックマン、ハリソン・フォード、ジョン・カザール、アレン・ガーフィールド、エリザベス・マックレイ、フレデリック・フォレスト、シンディ・ウィリアムズ
音楽・デイヴィッド・シャイア
上映時間:114分




録画してあった映画を見ました。
カンバセーション〜盗聴』は1974年の心理サスペンス。

この映画の2年前の1972年、米国社会を揺るがすウォーターゲート事件が起こった。
ニクソン大統領の支持者が民主党本部に盗聴器を仕掛けようとして逮捕された政治スキャンダルが発生。
この事件をヒントにしたのか実にタイムリーな作品。

フランシス・フォード・コッポラといえば『ゴッドファーザー三部作』(1972.1974,1990年作品)、『地獄の黙示録』(1979年)が有名です。

スケールの大きさでは断然、見劣りしますが、狂気に入っていくプロセスが面白い映画でした。
楽しい気分になれないので興行的に成功しなかったのか、過小評価されているようようですが第27回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞で決めた感あり、現在では知的スリラーとして絶賛されています。

これを見てると、「ゾディアック」を思い出しました。
アメリカで実際に起きた連続殺人事件(ゾディアック事件)を追う男たちの人間ドラマ。事件にのめり込み自己破壊してしまう姿に共感しまくり。

盗聴~カンバセーション』も同じくです。
主人公が暮らしているアパートの部屋がミニマムリストなすっきりした部屋でレイアウト的にもホームオフィスのお手本。ほんとに美しい。

ラストシーン、その部屋と主人公の有り様に笑ってしまう。笑える状態ではないのですが、「ゾディアック」の主人公同様に不安と孤独に破壊されていく様がすごい。

物語

物語の場所は、大勢の人が行きかう真昼の広場。
複数の男がある1組の若い男女を監視、会話を録音している。
男たちのリーダーは盗聴のプロ、ハリー・コール(ジーン・ハックマン)。
彼らは政府や企業からの要請で盗聴、録音し報酬を得ていた。
ハリーは業界では知らぬ者のいないエキスパート、汚れ仕事だが誇りを持っている。
しかしそのせいで異常に神経質で恋人がいるのに結婚もできず孤独な暮らしをしていた。ある意味楽しんでいるように見える。
恋人役のエリザベス・マックレイという女優さんがセクシーでいい女ぶりを発揮している



ハリーは顧客からの依頼で盗聴したテープを届ける。受け取ったのは依頼主の秘書(ハリソン・フォード)。ハリーは違和感を感じて奪い返す。

それに対して秘書は「このテープは危険だ。誰かが怪我をするかもしれない」といってハリーの後をつける。ハリーは社内で盗聴した若い男女を見かける。ハリーはテープに疑問を抱き、なにが起ころうとしているのか気になる。しかし前後が分からずある一部分の会話しかないので、文脈が読み取れない。

ハリーは自分に「感じろ!」と叱咤激励する・・・・そして男女の会話の中に命が狙われている内容を見つけ、「事態」にどんどんのめり込んでいく。


デイヴィッド・シャイアの
音楽が不安と孤独を深めて決まっています。

シカゴ・サンタイムズのレビューでは、本作品のことを「簡潔にまとまった知的なスリラー」と賞賛。

主人公ハリー・コールの「基本的に悪人ではなく、自らの仕事を遂行しようとしているが、その仕事に起因する罪悪感と悪評に苛まされる」姿は、ウォーターゲート事件やベトナム戦争が齎した後遺症に苦しむ当時のアメリカ合衆国の縮図であると指摘。1995年にアメリカ国立フィルム登録簿に登録されそうです。


2017年2月17日金曜日

【ヘミングウェイ】禁止令がアルコール依存症に追い込む


ヘミングウェイが愛飲したダイキリはラム酒をダブルにしライムの果汁の代わりにグレープフルーツ・ジュースを入れて砂糖を抜き、氷を加えてミキサーしたフローズンタイプのカクテル。ハバナでは「パパ・ヘミングウェイ」の名がついています。

アメリカを超えて世界中の人々のライフスタイルに影響を与えた文豪アーネスト・ヘミングウェイ。そのシンプルでハードボイルドな文体の裏に隠れた死の影。

その影はどこから忍んできたのか、その悲劇を辿ってみます。


1928年12月6日。
アーネスト・ヘミングウェイの父。
クラレンス・エドモンズ・ヘミングウェイは闘病と生活苦の末、父親のリボルバーで命を絶ちます。

アーネストはショックを受け、母グレイス・ホールへの憎しみを強めたと言われています。

グレイス・ホールは裕福な家の出身で女の子を欲しがっていました。結局、長男であるアーネスト・ヘミングウェイに4歳まで女の子の髪型をさせられ、姉のマーセリーンと女の双子の格好のように育てられました。

いまでいう「毒親」です・・・悲劇の連鎖はグレイス・ホールよってもたらされたといっても過言ではないと思いますが、彼女もまた被害者だった可能性が高いのです。グレイス・ホールの祖父アーネスト。ホールも自殺未遂を起こしていたのです


文豪アーネスト・ヘミングウェイは1961年7月2日、アイダホ州ケッチャムの自宅で猟銃自殺しました。
生前、躁鬱病の治療でメイヨウ・クリニックに入院し、電気ショック療法を受けましたが、うつ状態から回復できず死に至ります。そういうとなんだかすんない収まってしまうようですが、現実はもっと複雑だったようです。

冒険家とも形容されるヘミングウェイの病気、怪我は分かっているだけでこんなにもあります。
マラリア、炭疽病、肺炎、赤痢、皮膚ガン、肝炎、貧血症、糖尿病、高血圧症、うつ病、2回の飛行機事故、腎臓破裂、脾臓破裂、肝臓破裂、脊椎骨折、頭骨骨折。

妹アーシュラ・ヘミングウェイ(六人兄弟の三番目、アーネストは二番目)も1966年の8月30日、癌とうつ病を苦に、薬物の過剰摂取により自殺します。

弟のレスター・ヘミングウェイは、アーネストと同じく作家になり、『トランペットの音』など6冊の本を書きました。1961年に出した『ぼくの兄、アーネスト・ヘミングウェイ』はベストセラーになりました。
その金でカリブ海に人口島をつくりニューアトランティスという独立国家をつくります。ニューアトランティスの大統領になりましたが、数年後、島はハリケーンによって崩壊。父クラレンスと同じく糖尿病に苦しみ、1982年に22口径の拳銃で自殺します。

1928年6月。2番目の妻ポーリン・ファイファー、帝王切開の末、次男パトリックが誕生。8月「武器よさらば」完成。

同年、1928年12月6日。
父クラレンス・エドモンズ・ヘミングウェイは闘病と生活苦の末、父親(祖父)のリボルバーで命を絶ちます。アーネストは特に青年期から両親と折り合いが悪かったのですが、父の自殺によってますます母グレイス・ホールを憎んでいたと言われています。銃を送ってきたのは母グレイス・ホールだったからです

ちなみに、父クラレンスの自殺後、1931年に2番目の妻ポーリン・ファイファーとの間に生まれた息子(三男)のグレゴリー・ヘミングウェイは医師でしたが終生、性別違和症候群に悩み、性転換手術を受け、その後は「グロリア」を名乗ったといいます。
男性として5回も結婚~離婚を繰り返し8人も子供を設けましたが、アルコール中毒に苦しみ、放浪を繰り返しました。
フロリダ州マイアミを裸で徘徊し公然わいせつなどの疑いで2001年9月末に逮捕され翌10月、拘置所の女子房内で獄死。69歳の病死でした。

(ヘミングウェイと三男グレゴリー)


グレゴリーは『パパ -父ヘミングウェイの想い出』を出版していますが、ワシントンポストのインタビューでヘミングウェイへの憎しみをあからさまに語っていたといいます。
「愛情あふれ、威圧的で、善意のつもりの父親のもとでは子どもがダメになる」と父ヘミングウェイ嫌悪していました
グレゴリーはアンビバレントな言動についていけなかったことを言ったのだと思います。

それこそアーネスト・ヘミングウェイが父母から学んだことで、反抗期のヘミングウェイが何度も家出を繰り返して、イタリアへボランティアで戦線に参加したことからも読み取れます。

戦争への接近は、 戦争の実体を知らない若い世代に吹き込まれた理想主義という狂気 、すなわちドイツ皇帝を絞首刑にして、世界に平和をもたらすという目的がありました。ヘミングウェーにはこれ以上ないタイミングで訪れた死臭でした。そこで迫撃砲弾に よる全身227カ所に及ぶ 負傷を負い、手術の回数は10回を超えたと言われています。





そこで「武器よさらば」のモデルとなった看護師アグネスに出会い恋に陥ちますが、実らずアグネスと同じく7歳年上のエリザベス・ハドリー・リチャードソンと結婚。


(エリザベス・ハドリー・リチャードソンとヘミングウェイ)

長男ジャックが生まれています。エリザベスはヘミングウェイの父クラレンスが自殺する以前からヘミングウェイに自殺衝動があったことを告白してします。

エリザベスとの間に誕生した長男ジャック)


2番目の妻と結婚することで改宗しているのも、父親への反逆だったように思います。その反抗は独立宣言であり、生きていくために精一杯のあがきだったような気がします。




その後、ヘミングウェイは、マ-サ・ゲルホ-ンと3回目の結婚、二人の間に子どもはいません。マ-サは作家で野心的な女性。ふたりの関係は「誰がために鐘はなる」の元ネタになりました。ヘミングウェイは、嫌っていた母親と似たような女性と結婚したことを後悔。もっとも短な結婚生活になりした。TVドラマ「HEMINGWAY & GELLHORN」で
ニコールキッドマンがマ-サ・ゲルホ-ンの役を演じています。


(ヘミングウェイとマ-サ・ゲルホ-ン)


ヘミングウェイの結婚はすべて三角関係とともありましたが、性的な役割を分散交換していた可能性があります。

メアリ・ウェルシュ(Mary Welsh)と4度目の結婚、子どもなく、ヘミングウェイの最後を看取ります。
メアリは晩年、躁鬱病のヘミングウェイに苦労しました。何度、裏切られて酷い目にあわされましたが「私はどんなことがあってもこの家から出て行かない」ときっぱり最後まで家庭を守り、夫婦生活を送った我慢強い女性でした。夏目漱石の妻、鏡子を連想させます。




メアリ・ウェルシュは、「私とアーネストはベッドの中ではともにアンドロギュノス(両生具有)だった」と語っています。
もっともヘミングウェイを理解した女性だったのかもしれません。



(両生具有の像。成育期のヘミングウェイを連想させる)


アーネストの孫娘、マ-ゴ・ヘミングウェイは、最初の妻、7歳年上のエリザベス・ハドリー・リチャードソンとの間に生まれたアーネストの長男ジャックの子ども(長女)であり、モデル、女優として活躍しました。

マ-ゴ・ヘミングウェイが1996年の7月1日、薬物の過剰摂取により自殺。ヘミングウェイ家5人目の自殺者になりました。





マーゴ・ヘミングウェイ(1954年2月16日生まれ)
姉 ジョーン・ヘミングウェイ
妹 マリエル・ヘミングウェイ(1961年11月22日 生=アーネスト死後)

三姉妹の末っ子であり、ウディ・アレン監督「マンハッタン」でアカデミー賞助演賞候補にもなったマリエル・ヘミングウェイは、ふたりの姉たちが父ジャックヘミングウェイ長男)から性的虐待を受けていたことを告白しています。

姉のマーゴは、夫の勧めでモデルになるや、183cmの長身を活かし、『ヴォーグ』、『コスモポリタン』誌のカバー・ガールとして瞬く間にトップ・モデルに、さらに1976年には映画「リップスティック」で女優としても成功、しかし次第に「ヘミングウェーの孫」というブランドが重荷になり、思うようにならなくなり、雑誌「プレイボーイ」でヌードになり話題を集めました。


1975年エロル・ウェトソンと結婚。1978年離婚。
1979年にバーナード・フォシエと再婚するも1986年に二度目の離婚。

休暇中、スキー事故に遭遇、9ヶ月の静養中、アルコール依存症に陥ります。
1987年、マーゴ・ヘミングウェイは、アルコール依存症のリハビリ施設へ入所。マーゴはアルコール依存症の他に拒食症、双極性障害、失読症、てんかん、などの問題を抱えていました。どこか祖父アーネストを彷彿させます。

1996年7月1日。祖父アーネスト・ヘミングウェイ自殺から丁度35年のその日。
マーゴ・ヘミングウェイは抗不安薬の過剰摂取で自殺。サンタモニカのアパート、自宅ベッドに横たわり、枕に脚をかけ、本を膝に置いた状態で発見されました。

祖父アーネスト・ヘミングウェイの墓の近くに埋葬され、マーゴの墓石には「解き放たれた自由な魂よ」と記されています。

生前、マーゴ・ヘミングウェイは『私たち一族には、遺伝子に自殺することが埋め込まれているみたい。・・・しかし私はそんなことにはならない』と語っていました。一族で5人目の自殺者になってしまいます。さらに2人が自殺という呪われた家族になったようです。

怪我、癌、うつ病、薬物の過剰摂取、そしてアルコール依存症。



アーネスト・ヘミングウェイは、父クラレンス・エドモンド・ヘミングウェイと母グレイス・ホ-ル・ヘミングウェイの間に第二子としてして生まれました。

女の子を欲しがっていた強い母親のもとで、4歳まで姉と同じ格好をさせられ女の双子に見えたといいます。

父クラレンスは禁酒禁煙で勤勉なプロテスタントでしたが、魚釣りや狩猟を好んだといいます。

おそらく従順な子どもの心が強い父と、無邪気な子どもの心が強い母、その裏返しに厳格な父親の心が強かったのではないかと両親の自我状態を想像します。


ある日には父親の大事にしていたものを母親が焼いてしまい、その残骸を父親が拾い集める姿を目撃しています。厳格な父親の心が強い母親と、従順な子どもの心が強い父親が目に浮かびますが、ヘミングウェイは父の姿に自分を重ねて落胆したと思います。

ヘミングウェイは10歳のときに父親から猟銃をプレゼントされ、よく魚釣りや狩猟に連れていってもらったようです。
一方で、幼児期のヘミングウェイが母親の愛情を十分に得ることができず、甘えられないまま怒りを内面に抱きながら成長していったことが読み取れます。

•男であってはいけない(生きてはいけない)
•愛し愛されてはいけない

ヘミングウェイには母親からの強い禁止令が働いていたと思います。

禁止令とは幼児が近親者から受ける「~するな」というメッセージで、財産家の娘であった母親の強すぎる姿を通して、人生を学んだと想像します。

(アーネスト・ヘミングウェイ)

ヘミングウェイは18歳でイタリアの戦線に赴きます。全身を負傷し赤十字病院に入院。そこでアグネスという7歳年上のアメリカ女性(看護師)と恋に陥ちます。二人は結婚を望みますが、アグネスはヘミングウェイを見切ります。この恋もアンビバレンスな恋です。

この恋を映画化したのが、「ラブ・アンド・ウォー」です。サンドラ・ブロックの抑えた演技が7歳年上のアグネスをみごとに表現しています。


•男であってはいけない(生きてはいけない)
•愛し愛されてはいけない

この鉄槌のようなメッセージが幼く繊細なヘミングウェイのみならず、ヘミングウェイの子から孫へ伝わり、自分を愛せず、怪我、性愛をきっかけに病気、薬物摂取、アルコール依存症、蟻地獄に追いやられ、みんなが苦しみ、自殺へと追いやられたのではないかと推測するのです。





2017年1月31日火曜日

ガンジー・・・最後まで自分を許せなかった人

1月31日は、マハトマ・ガンディー(ガンジー)が暗殺された日です。

ガンジー。その偉大な人の物語は映画にもなりました。



ガンジー・・・最後まで自分を許せなかった人・・・だと思う。

当時16歳のガンジーはセックス依存症かも知れなかったと思うほど、13才の妻カストゥルバとの性交に夢中になり、偉大な父親が他界するときも性交中だった。その罪悪感に苛まれたのか自分を責めた。

やがて自分を息子(長男)ハリラールに投影したのか、教育を受けさせず、自給自足を強い、農場で獲れたもんの以外は食べさせず、ついにはアルコール中毒に追い込み、その一方で24歳のガンジーは、人種差別政策に激しい怒りを覚え、民族抵抗運動の指揮を執り断食、非暴力で偉業を成し遂げた。負の力が凄い。

非暴力の教えは父の影響が強く、その影響を受け、潔癖症だったという。その生来の持って生まれた気性(現代なら「発達障害」)に父の影響を受け生真面目な人であったのだろう。そこにトラウマとなるような事態が加わり、自分を責め続けたのではなかったか。

そう思わずにはいられないのです。